しばらくこの森に滞在していた旅の飛竜の一行は、明日ここを去るという。
今晩はちょうど満月で、私が遠吠えを始めると真似して鳴いていた。
この種の竜は様々な生物から生き方を学んでいくらしい。
次の月夜には、また声が聴けるのかもしれない。







サジート
ヤリミミズク(槍木蛇、Jaculus sagittalis

膜状の飛行器官を持った爬虫類。
木の上から音もなく滑空し、発達した犬歯で獲物をしとめる。
全身が羽毛に覆われ、羽角や尾羽が目立つためイヌ科のようにも見える。
縄張りの主張のためか、月の明るい夜にはあちこちから鳴き声が聞こえる。