とある公募のために描いた日本神話のキャラクターたち →メモ



「おおげつひめ(大宜都比売)」
イメージカラー:桃色  植物を愛する穏やかで心優しい性格
穀物の実りを司る神なので、花のような色の衣装をまとわせました。
頭飾りは稲穂がモチーフで、手には粟の穂を持っています。





「いざなみ(伊耶那美)」
イメージカラー:竜胆色  威厳ある母親のような落ち着いた性格
創世神なので衣装なども他の神とは違う異質な雰囲気を持たせました。
イザナミ・イザナギの「ナミ・ナギ」が蛇を表すとする説、
また中国神話の半人半蛇の創世神・女媧(じょか)と文化上の関係があるという説から、
目は少し蛇っぽくし、衣装には日本の文様で蛇・竜を意味する三角形と菱形をちりばめました。
手には国産みに使った天沼矛(あめのぬぼこ)を持っています。





「ひわし(天日鷲神)」
イメージカラー:柿色  勇敢で面倒見のいい性格
天日鷲神という名前の文字の連想から、鷲を思わせる風貌にしてみました。
名前をもらったきっかけとなった鷲の羽を身につけています。
製紙の神でもあるということで、手には紙と羽筆を持たせました。




「ふとだま(布刀玉命)」
イメージカラー:天色  占いが得意な物静かな性格
名前からの連想と、岩戸からアマテラスを誘い出せるかを太占(ふとまに)をして占ったという話から
占い師のように玉飾りを身につけたデザインを考えました。
手には占いに使うための鹿の肩の骨を持っています。




「さるたひこ(猿田彦)」
イメージカラー:常磐色  豪快で頼もしい性格
容姿が天狗の原型になったという説から、山伏や修験者のような格好をしてもらいました。
ニニギノミコトの道案内をしたことから旅人の神、道の神として祀られたりしているということで
見かけは怖いが親切なおじいさんといった雰囲気を出せるようにデザインしてみました。
手には天狗の持ち物である葉団扇を持っています。




並んだとき映えるように戦隊もののようなカラーリングを意識してみたのでした