目が冴えて眠れないようなので、浜まで散歩に誘ってみた。
星空の読み方の話をしたら、おもしろかったのか熱心に耳を傾けている。
確かに旅をするのなら何かの役に立つかもしれない。
今までこんな話をできる相手はいなかったから、嬉しくなってつい話し込んでしまったのだった。